豚糞尿処理システム

小さな投資で大量の糞尿処理が可能

◆余剰汚泥の発生量は従来法の1/2以下

◆小さな設備で対応可能

◆維持管理が容易

新開発の薬剤で、水質浄化のお悩みを解決します!

畜産糞尿等は臭気や堆肥の余剰問題もあり、適切な処理が必要になります。
豚糞尿処理システムでは、新開発の薬剤により効率の良い処理を行います。

  • 品質は高く、投資は低く

    新開発の薬剤で70%の浄化処理を完了。
    そのため必要な設備の小型化を実現。
    コストも安く、維持管理が容易になります。

  • 汚泥減量

    余剰汚泥の発生量は従来の1/2以下

  • 臭気対策

    処理後の脱水糞・処理水は無臭になります

  • 環境に優しい

    自然界に放流しても微生物環境を破壊することはありません
    水質が浄化される事により、まわりの環境もキレイに

sam1

糞尿処理水分析結果

受付番号:C111122701
分析期間:2011/12/10~2012/01/02
東明環境株式会社(測定分析成績表)

BOD:45.3mg/L
COD:48.6mg/L
SS:18.0mg/L
T-N:98.53mg/L
T=P:0.238mg/L

糞尿処理機械装置システム 処理1日30トン

unit1

糞尿処理機械装置システム面積:18.5m×10.8m=199.8㎡

牛・豚糞尿処理システム

chert1

浄化方法・化学・物理・生物の相乗効果

chert2